nob dental space 052-972-8181
HOMEドクター紹介院内の紹介地図・アクセス問合せ

審美歯科

名古屋市/中区/丸の内/審美歯科/ホワイトニング/NOB DENTAL SPACE 監修/名古屋審美歯科情報室

nob dental space
 

 

epark

審美歯科とは?

審美歯科とは?
  • 歯の色が・・・
  • 銀歯が目立つ・・・
  • 歯ぐきの色が・・・

そんな口元のコンプレックスを感じたことはありませんか?

審美歯科というのは、見た目にも美しい口元を実現する、総合的な歯科医療のことです。また、歯並びや歯の色にコンプレックスを持っている方に自信を持って素敵な笑顔になっていただく治療でもあります。

従来、虫歯を治した後の詰めものやかぶせは、銀歯になってしまうのが常識でした。前歯は保険でも白いかぶせができましたが、白い部分がプラスチックの為に経年変化で黄色く変色したり、歯ぐきとの境目が黒い筋になって目立ってしまうことが多く、とても見苦しいものでした。
最近では前歯はもちろん奥歯にも白い詰め物や被せものを求める方が増えてきています。
金属を使わない治療もできますのでアレルギーの心配も少なくなります。

pagetop

審美歯科におけるセラミック治療

「色だけでなく、歯並びも整えたい」「差し歯の色が合わない」「詰め物が気になる」
セラミックは見た目だけではありません。

体にやさしい。

セラミック(陶材)は生体親和性が高いため体にやさしい素材です。
金属アレルギーの心配もありません。

色、形を調節することができます。

セラミックは、色調や形態を調節することができます。ご自身の歯の色に合わせた自然な色合いから、輝くような白色までお好みの色に調節できます。
また、形も他の歯や部位に合わせて治療することができます。

変色・黄ばみ、臭いの付着を起こしません。

セラミックは年月による変色・黄ばみ、嫌な臭いの付着を起こしません。
また、レジン(プラスティック)やメタルボンドでは得られない、透明感のある美しい仕上がりになります。
レジンは、2年程度で、変色や黄ばみ、悪臭の付着が起こります。

歯ぐきが変色しません。

金属の被せ物を用いた際、化学反応によって歯ぐきや歯が黒ずむ場合がありますが、セラミックは腐食しない材料なので、歯ぐきや歯を黒く変色させることはありません。

pagetop

セラミックインレー

セラミックインレーとはセラミックで作った白い詰め物のことです。

虫歯になったことがある方は分かると思いますが、削り取って治療するので、歯に大きな穴が開いてしまいます。この穴に型を取ってはめ込む方法をインレーと言います。

一般的にムシ歯には金属の詰め物が使用されていますが、天然歯に近いセラミック製白い詰め物を使用することで、口を開けて笑ったときなどに詰め物が目立つことなく、健康的で自然な美しさが蘇ります。またセラミックインレーのメリットは美しさだけではありません。金属を使用しないため金属アレルギーの方でも安心です。そしてセラミックは金属よりも柔らかいため、かみ合わせる歯を傷つけにくいという特徴があります。

セラミックインレー 治療前セラミックインレー 治療後
特徴
  • 自然な色合いと形が再現可能。長い間の使用でも変色せず、天然の美しさを保ちます。
  • 金属と違い、冷たいものがしみません。金属アレルギーの心配がありません。
pagetop

オールセラミッククラウン

歯全体を1~1.5mmほど削り、その上からセラミックのクラウン(冠)をかぶせ、しっかりと固定します。
歯の色や歯の形などの改善はもちろん、噛み合わせや歯並びをトータル的に整えることも可能です。

従来の金属製の被せ物よりも歯肉の黒ずみや金属アレルギーも引き起こさないので生体にやさしく、より自然に近い透明感を得られます。また、強度にも優れプラスティックや硬質レジンに比べ摩耗・変色もありません。

オールセラミッククラウン 治療前オールセラミッククラウン 治療後
特徴
  • 天然の歯と同じ色に作ることができるため、光沢・透明感があり、非常にきれいです。セラミックなので将来もほとんど変色せず。歯垢もつきにくく汚れにくい素材です。
  • 表面のセラミックは磨耗により、磨り減ることが少ないため、お口に合った噛み合わせを保つことができます。
    また、歯肉とのなじみもよく、歯ぐきの健康を損ないません。
pagetop

ラミネートべニア

歯と歯の間に隙間がある方や、歯をあまり削りたくない方、ホワイトニングだけでは効果が期待できないケースに効果的です。この方法は、歯の表面をほんの少し削って、セラミックの白いシェルを接着する方法なので、歯の色の後戻りの心配がありません。

短時間・短期間で治療が済み、長期に渡って持続できるため、利用者も多いのですが、歯の表面にあるエナメル質を削ってしまう等のデメリットもあります。

ラミネートべニア 治療前ラミネートべニア 治療後
pagetop